ドゥ・ラ・メールとニベア


ためしてガッテン!を観ていたら、保湿クリームのみでシンプルケアが良い、
ということを言っていました。

お手入れしすぎはバツ。
肌はデリケート、泡泡洗顔で肌に触らないように洗って、
化粧水もつけ過ぎはダメ。

保湿クリームで蓋をすると、角質層にじわじわと潤い成分が行き渡るんだそうです。
マッサージだパックだなんだとあれこれやると、角質層がはがれてしまい、
本来死んだ皮膚(この表現抵抗ありますが)であるはずの角質層に、
生きた細胞が持ち上がってしまい、お肌内部の水分が出て行ってしまうのだそうです。

肌の表面は死んでいないといけないのだ。これはビックリね。

確かに、角質を取りすぎると水分が保持できなくてシワになる、
と聞いたことがあります。

だから、ケミカルピーリングも、結局はシワのもとなんだとか?
シラナイヨー(^^;

さて、保湿クリームです。

セレブが愛用と言うことで有名なのが、クレーム ドゥ・ラ・メールですね?
NASAの宇宙物理学者が開発、ジェニロペも愛用、などなど、
熱狂的ファンも多いクリームです。

これと、あの青い缶でおなじみ ニベアクリームの成分が酷似しているというのです!

ニベア。安いよね。

でもこれ、ドイツ生まれの由緒あるクリームなんですよ。
独特のにおいがありますが、なかなかいい仕事しますよ。

さて、それぞれの成分ですが、

クレーム ドゥ・ラ・メール

水、ミネラルオイル、褐藻エキス、ワセリン、水添ポリイソブテン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、ライム果汁、パラフィン、エタノール、硫酸Mg、オレイン酸デシル、ジステアリン酸Al、オクチルドデカノール、香料、クエン酸、ステアリン酸Mg、パンテノール、安息香酸Na、水添野菜油、シアノコバラミン、カロチン

ニベア

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料


ピンク以外は同じです。
ピンク色の成分が、実はすんごく重要なのだ!なんてことがあるのかもしれませんが、
しかし値段の差がすご過ぎます。

それぞれいくらか知りたい方は、どうぞリンクをクリックしてお確かめください。
ン万円とン百円・・・泣けてくる(^-^;?

ニベアは美白効果があるという話もあります。
こんなに安くて優れものだったら、嬉しいですね。

缶も可愛いし♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。